Gives freedom and surprise into your life!
人生に自由と驚きを!
给你的人生带来自由和惊喜!

ごあいさつ

誰かが「緑色の太陽」を描いても私は否定はしません。※

もしかすると私にもそう見える時が来るかもしれないから……。「緑色の太陽」を否定することで、全体の価値にまで目がいかなくなる過ちを犯してはならないと思うから。
イノベーションとは、いつも自由な発想と、そして世間を驚かせる。最初は、いつも驚き、誰も相手にしませんが、最後はいつもみんなから愛される。それがイノベーションではないでしょうか。

70年前に口紅をしている人はいませんでした。50年前にアイブロウをしている人はいませんでした。30年前にカラコンをしている人もいませんでした。
でも今は誰もが、そのオシャレを楽しんでいます。

いつか、ヘアカラーアートを誰もが楽しむ時代が来るとするならば、私共の歩いた後ろに道ができ、それがいつしか時代となると考えています。我々の前に道は無い、我々の後ろに道ができる。Emajinyのユーザーの皆様こそがヘアカラーアートの歴史そのものなのです。

エマジニー代表 服部茂幸
※高村光太郎『緑色の太陽』より

A Message

If someone were to draw a “green sun”, I wouldn’t reject it. *

Because it might look that way to me someday…. Because I believe we shouldn’t make the mistake of failing to notice the value of the whole through the act of rejecting a “green sun”.
Innovation always brings free thinking and surprises the world. At first, there is always surprise, and no one wants to deal with you, but at the end, everyone loves you. I believe that is innovation.
Seventy years ago, no one worn lip stick. Fifty years ago, no one groomed their eyebrows. And thirty years ago, no one worn colored contact lenses. But now, everyone enjoys these fashions.
Assuming the time is coming one day in which everyone enjoys hair color art, then we believe that time will come before you know it due to the path we have blazed. No path lies before us, and we will create a path behind us. The users of Emajiny themselves are the history of hair color art.
Emajiny Representative Shigeyuki Hattori
*From Green Sun by Kotaro Takamura

致词

即使有谁画出一个“绿色的太阳”我也不会否定。※

因为说不定什么时候我的眼前就会出现那样的景象……。因为我不想犯下因否定“绿色的太阳”而使眼光顾不上整体价值的过错。
所谓革新就是任何时候都能自由创意,并让社会感到惊奇。一开始是令人惊奇的,谁都不把它放在眼里的,而最后却总是为大家所喜爱。这就是所谓革新吧。
70年前没有人涂口红。50年前没有人画眉毛。30年前也没有人戴彩色隐形眼镜。
但是今天很多人都用这些来打扮自己。
某一天大家都会玩起美发炫彩艺术,我想这个时代会不知不觉地到来。到那时我们走过的地方的后面就会出现一条路,我们面前没有路,我们后面会出现路。Emajiny(爱玛吉尼)的各位用户就都是美发炫彩艺术历史的见证者。

爱玛吉尼公司代表 服部茂幸
※摘自高村光太郎《绿色的太阳》

エマジニー開発のきっかけ

エマジニー開発はとある悲しい出来事がきっかけとなりました。

私は普段から白髪隠しとおしゃれを兼ねて美容院に行くたびに髪の毛を染めていました。しかしある日、いつものように髪を染めてもらったら全身に発疹が出たのです。初めてのことだったので驚いて病院に行くと先生に髪染めの薬剤に対するアレルギーが出ているからもう一生髪の毛は染められませんと言われてしまいました。

髪染めに関しては諦め、毎朝洗面台に立つたびにただ白髪が混じった自身の髪を見てつまらない思いでいました。

私は靴磨きも大好きなのですが、その靴墨を見てハッと思ったのです!染めなくても髪の毛に色を塗ればいいんじゃないか……。

インターネットや薬局で探しましたが私が思うような髪に色をつけられる製品はありませんでした。なければ作ればいいんじゃないかと思い立ち、思い立ったら居てもたってもおられず四方八方を駆け回り、周りの方々に助けていただきながら紆余曲折を経てEMAJINYの開発にいたりました。

最初は私自身のためだけに、私自身の個人的な事情で作ったエマジニーでしたが、図らずも私の子供世代の若い方々、ダンスを楽しんでおられるお子様方に「これは楽しい!」とご評価いただき、販売にまでいたり、今では多くの方々に親しんでいただいております。

前項でも記しましたが、もっと気軽に髪の色を楽しんでいただける未来を確信して今後も精進してまいります。

The Catalyst for Emajiny’s Development

A certain sad event prompted the development of Emajiny.

I used to always have my hair colored whenever I went to the beauty salon, both the cover up white hairs and to be fashionable. One day, however, after having my hair dyed as usual, I broke out in a rash over my entire body.
It was the first time it had ever happened, so I was surprised and went to the hospital. The doctor told me that I had developed an allergy to hair dye and that I would never be able to dye my hair for the rest of my life.
I gave up dyeing my hair, but I got sick of seeing myself with white hair every morning in the bathroom mirror.
I also enjoy polishing my shoes, and when I looked at my polish, I realized something! I don’t need to dye my hair. I just need to apply coloring…
I looked online and at pharmacies, but there were no products that I could color my hair with the way I was imagining. Once I resolved myself to the idea that “if it doesn’t exit, then make it,” I couldn’t hold myself back. I eventually developed EMAJINY after a series of twists and turns wherein I ran all over and received help for those around me.
I had initially created EMAJINY as my own personal project for my own personal use, but completely by chance, young members of my children’s generation and children who enjoy dancing loved it and said, “it was fun!” Eventually, I started selling it, and now, it is well-known by many.
As previously mentioned, I will continue to devote myself with the conviction that, in the future, people will more causally be able to enjoy hair coloring.

爱玛吉尼开发的机运

提起爱玛吉尼开发的机运,那是遇到了一件令人悲伤的事情。

我平时每次去美容院,总是要染一下头发,一方面是遮住白发,另一方面也是为了漂亮。然而有一天,我像往常那样让店里给我染了发,结果全身出现了疹块。第一次碰到这种情况,我吓了一跳,去医院看了,医生告诉我,你对染发的药品产生了过敏,所以今后一辈子都不能染发了。
染发看来是不行了,当时每天早晨站在洗面台前看着我混入不少白发的头发,感到真受不了。
我也很喜欢擦鞋,看到黑色的鞋油,我一下子来了灵感!这样涂在头发上,不就可以不染发了吗……。
我到网上和药房去查了一下,并没有找到我所设想的那种可以让头发着色的产品。我想到没有这种产品就自己做好了,有了这个想法后就整天坐立不安,到处跑来跑去,后来得到身边朋友的帮助,经过一段曲折的过程终于开发出EMAJINY。
开始爱玛吉尼只是为满足我的需要,是根据自己的个人情况制作的,不料给我的孩子一辈的年轻人和喜欢跳舞的小孩子们看到了,他们对它评价很高,说“这东西很有意思!”到后来就拿出去销售,如今已经有很多人喜欢用这个产品了。
前面也提到过,我相信将来这种产品会让染发艺术变得更加方便可行,今后我仍要专心致志地进行研发。

企業情報

社名:株式会社EMAJINY(エマジニー)

代表者:服部茂幸(はっとりしげゆき) 1967.12.30生

創業日:2016年1月1日

連絡先:
EMAJINY
〒802-0001
福岡県北九州市小倉北区浅野2-9-8
KMM南館ハットリアンドアソシエイツ
TEL093-513-9990 FAX093-513-9991

事業内容:
整髪料他の開発・製造(OEM委託)・販売

商品発売日:2016年4月1日

Company Information

Company Name: EMAJINY Co., Ltd.
Representative: Shigeyuki Hattori, born December 30th, 1967
Founded on: January 1st, 2016

Point of Contact:
EMAJINY
KMM Minamikan Hattori & Associates, 2-9-8 Asano, Kokurakita-ku, Kitakyushu-shi, Fukuoka-ken, 〒802-0001
TEL: (+81)-93-513-9990 FAX: (+81)-93-513-9991
Description of Business:
Development, manufacture (OEM commission) and sale of hair grooming materials, etc.
Products Released on: April 1st, 2016

企业信息

公司名:株式会社EMAJINY(爱玛吉尼)
代表:服部茂幸 1967.12.30生
创业日:2016年1月1日

联系方式:
EMAJINY
邮编802-0001
福冈县北九州市小仓北区浅野2-9-8
KMM南馆ハットリアンドアソシエイツ
TEL: (+81)-93-513-9990 FAX: (+81)-93-513-9991
业务范围:
整发剂及其开发、制作(OEM委托)和销售
商品上市日:2016年4月1日